『YouTubeの教科書』を作る会

仕事でYouTubeチャンネル育成に関わることの多い筆者が、現段階での自分の認識をまとめるブログです。

芸能人YouTuberはなぜ失敗するのか【YouTubeの教科書】

これは、YouTube動画の制作、育成を仕事にしている筆者が、普段心がけている経験則を言語化し、自分なりの「YouTubeの教科書」を作成しようという試みです。常に変化し続けるYouTube市場において、常時万人に当てはまるものではないかもしれませんが、ある程度の真理に迫ることを目標にしています。(記事中に登場する再生回数等は、特に注釈がない限り投稿日のものです)

 

 芸能人YouTuberは大抵失敗する

今回のテーマは「芸能人YouTuber」である。

芸能人たちのYouTube参戦は年々増加している。トレンドと言ってもいいかもしれない。私の元にも、定期的に「芸能人がYouTubeを始めるので手伝ってくれないか」という依頼が来る。だが、芸能人がYouTubeに進出して成功することは非常に難しい。成功した人だけがニュースになるのでわかりづらいが、ほとんどは失敗しているのである。もちろん、何を成功とするかにもよるが、とにかく芸能人が継続して再生数を何十万回も稼ぐのは、非常に難しい。

その理由について、考えてみたい。

 

www.youtube.com

(チャンネル登録者90万人に対し、再生回数は10万回前後。草彅さんのチャンネルは一時期の勢いをすっかり失ってしまった)

 

理由①「芸能人は出演者でしかない」

芸能人というのは、テレビや雑誌などの普段の仕事ではあくまでも「出演者」でしかない。撮影や編集はプロのスタッフが行う。そのため、YouTubeを始めるとなっても、あくまでも出演者の部分しか担わないし、それで十分だと思っている場合が多い。

だが、YouTuberというのは、単なる出演者ではない。企画者、撮影者、編集者など、制作の全てを1人で担当する者のことである。最近はYouTuberでも編集スタッフを雇うなど、分業制を敷く人も多いが、あくまでも総合演出は出演者であるYouTuber本人である。この違いを理解できていない芸能人は必ず失敗する。

特に企画と編集だ。芸能人は忙しいので、企画や編集をあっさりプロに任せてしまう。だがそうなると、画面からそこはかとなく「やらされてる感」が漂うことになる。これを視聴者は敏感に感じ取る。その結果、「親しみがわかない」のだ。

よく「YouTuberの何が面白いのか分からない」と言う人がいるが、YouTuberにとって重要な要素は「面白さ」だけではなく、「親しみやすさ」なのである。かのHIKAKIN氏は「面白さ」ではなく「親しみやすさ」で日本一に上りつめたのだ。そして「親しみやすさ」とは、試行錯誤しながら企画を立て、拙くても汗をかいて編集し、画面から人柄が伝わらない限り、視聴者は感じてくれないのである。芸能人YouTuberで成功している藤田ニコル氏や、ゆうこす氏は、「自分で編集している」ことを公言している。その辺の機微をよく理解しているのだと思う。

芸能人が上辺だけYouTuberになっても、視聴者は騙されてくれないのである。

 

www.youtube.com

(290万再生。藤田さんの編集は決して達者ではないが、彼女のチャンネルの再生数は安定して高水準を保っている)

 

www.youtube.com

(こちらも手作り感のある亀田史郎さんのチャンネル。この動画は79万再生。編集は娘さんがやっている。史郎さんの親しみやすさが人気の主要因になっている)

 

理由②「本当の自分を見てもらおうとする」

芸能人で、テレビに映る自分を見て「これは本当の私ではない」と悩んでいる人は多い。そこで、「YouTubeなら本当の自分を見てもらえるのでは」と考えて参戦するのだが、これも失敗しやすいパターンの1つだ。

「好きなことで生きていく」というキャッチコピーのせいで誤解されやすいが、有名YouTuberで「好きなことしかしていない」人はまずいない。皆、不安定なYouTube市場で、時に視聴者の求めるキャラを演じ、疲れた体に鞭打ってテンションを上げているのだ。そんな弱肉強食の世界に、素の状態で存在して見てもらえる人など、一握りのスターしかいない。

「本当の自分」とは、大抵の場合、"ただの無策"と同意なのである。

無策で臨んで上手くいく世界ではない。だが、多くの芸能人はYouTubeに参戦した直後だけは話題になるため、「本当の自分が受け入れられた」と感じ、そのまま無策で突き進んで、しばらくすると再生回数大きく減少する。そこから立て直すのは至難の技だ。

 

www.youtube.com

 所ジョージさんはマイペースに「本当に好きなことをやる」チャンネルを長年運営している。だが、再生数は驚くほど低い。所さんはそれでもいいと思ってやっているので格好いいが、再生数が欲しいなら真似はできない

 

理由③「自分のニーズを間違えている」

上記理由の①を押さえられていない場合でも、成功する場合がある。それは、自分のニーズに忠実に動画を作った場合だ。代表的なものが、ミュージシャンのMVやお笑い芸人のネタ動画だ。彼らは撮影や編集を自分でしてはいないが、十分再生回数を稼ぐ。動画の内容が、彼らのファンのニーズのど真ん中だからだ。一流の技術を持っている芸能人は、それをストレートに上質な動画にすれば、再生数を稼げるのである。

www.youtube.com

 (圧倒的な人気を誇るサンドウィッチマンのネタ動画。2300万再生。テレビではネタを披露する機会の減った彼らが今、人気No1芸人になったのは、こういった動画の存在も大きいはずだ

 

だが、そのような分かりやすいケースばかりではない。

よくあるのは女性アイドルがYouTubeに参戦する場合だ。例えば、「メイクが得意なのでメイク動画を出します」と言っても、彼女のファンの多くは男性だったりする。

また、一流の技術を持っているにも関わらず、それを出し惜しむパターンも多い。わざとYouTuberの真似をして、「〇〇やってみた」などに手を出すケースがそれだ。一流の芸を持っているのだからそれを披露すればいいだけなのに、無料のYouTubeで出すのは勿体無いと感じるのだろうか。その気持ちも分かるが、残念ながらYouTubeはそんなに甘い世界ではないのである。

 

www.youtube.com

  (企業のPR企画なので、本人の希望か定かではないが、大きくニーズを外してしまっているToshIさんの動画。4.9万再生。YouTuberっぽさを上辺だけで出そうとしているのも敗因の1つ。もし本当にスイーツ愛を押し出したいのなら、真剣にスイーツ動画を作った方が良い

 

www.youtube.com

 (一方こちらはToshIさんのニーズに合致した動画。146万再生。彼の歌声には需要があるため、再生数は桁違いだ

 

以上、私の経験則を踏まえて、芸能人のYouTube参戦が失敗する大きな理由を3つ挙げて説明した。(それ以外にサムネ作成など基礎的なことができていないパターンも多いが、それは芸能人に限った話ではないので割愛する)

これらの失敗を未然に防ぎ、また克服するのが私の仕事だ。

だが、問題点は明確でも、決まった解決策はどこにもない。自分で編集をやれといっても芸能人は忙しいし、大人の事情が絡んでくることも多い。そこで、いつも悩み試行錯誤することになる。

それでも、YouTubeで新境地を開拓する芸能人もいる。だから、しっかり準備して失敗しないように臨むべきだ。

そうすれば、きっと光は見えてくる。